転職先に選ぶなら~需要の高いタクシー求人と建設業~

タクシー

建設業は超多忙

有資格者が不足

建設員

建設業は超多忙の状況が続いています。東日本大震災の復興工事は徐々に軌道に乗ってきており安定的な工事量を保っています。建設工事を行うためには一定の規模以上の工事においては施工管理者は有資格者でなければなりません。工事量が増加しているうえ、団塊世代が大量に定年の時期になっているため施工管理の有資格者の不足が顕著となっています。建設業界では一部の定年到達者を施工管理要員として継続雇用するようになっています。建設業界で働きたいと考えた場合は、派遣会社に登録すると良いでしょう。派遣の場合でも長期雇用は可能なので、職に困ることもほとんどないと言えます。まずはずは自分に合っているかどうかを見極めることが大切なのです。建設業界にも様々な職場がありますが、派遣の場合は自分の適正に合った職場を探してもらうことができるため、とても働きやすくなっています。

新卒採用の増加

建設業は景気変動の影響を受ける産業のため、過去の不景気の時に新卒採用を絞り込んだ時期がありました。この時期には業界全体が雇用面でリストラを行ったため、多くの技術者が他産業に転出したという経緯があります。建設業界全体で最近の工事量の増加に対応するために新卒採用の増加を図っています。建設会社の一部では施工管理の有資格者が不足しているため、受注を見合わせるケースも出ています。このような会社こそ、今派遣を求めている場合も多いです。建設業界で派遣として働く際は、サイトなどを活用することが推奨できます。自分が働きたい条件などを入力することで、簡単に希望の職場が見つかります。